自分の肌質を自覚し、長年のニキビとの闘いにどうにか終止符を打つまで

それまではなかったのに、大学生になり化粧品を使うようになると途端にニキビができるようになってしまいました。自分の肌は強いと信じ込んでいたので、何も考えずに刺激の強い化粧品や化粧下地、ファンデーションを乱用していたのがニキビの悪化を招く原因でした。その事に気が付いた時にはもう時すでに遅し。既にニキビが顔中に広がり、収拾がつかなくなって皮膚科に駆け込む事態となりました。油分の多い食べ物(スナック菓子、から揚げ等)をできるだけ控え、同じく化粧も最低限にして厚塗りをしない、そして必ずニキビを薬を塗って消毒といった医者からの助言に従いしばらく過ごしましたが、一度顔中にできたニキビはなかなか撲滅まで至りませんでした。そんな時何気なくネット検索していた時に、ビーグレンのニキビ対応の化粧品を見つけ、藁にも縋る思いで注文しましたがこれが大当たり!自分の脂性で敏感肌に驚くほど染み込み1ヶ月で改善に至りました。

自分の肌質を自覚し、長年のニキビとの闘いにどうにか終止符を打つまで